WordPress4.9.9から5.1に更新

 このブログはベースにWordPress(以下WP)を使っています。

 WP5.0がでて、WP5.1のお知らせも出るようになっていたのですが、これまで使っていた4.9.x系から見て頭の数字が変わるメジャーバージョンアップ。
 不具合出たらいやだなぁと少し様子を見ていました。 

 また、WP5系列ではエディターがGutenbergというビジュアルエディターに変更されており、4.9系でも試用したことはあったのですが。。
 自分には違和感が強くて。
 テキスト中心のサイトを作るには旧エディタ用のプラグインが使えなくなることや、レイアウトの無駄の方が気になっていて、これも5系列に躊躇する理由でした。

 とはいえ、いつまでもアップデートしないのはセキュリティ上の懸念もありますし、バージョンアップ見送りすぎて何らかの理由でいよいよバージョンアップしなければならないような状況で大ジャンプする方が不具合発生する可能性は高いなとも思い。
(PukiWikiがサーバ側のphp更新の制限によりバージョンアップサボっていたら、サーバ移転に伴ってバージョンアップしようとしてうまくいかなかった経験もあります・・)

 5.1が出たところで5系列の最低限の初期不具合の対応はできただろうと判断して、不具合で最悪WPを再インストールしてもいいようにまとまった時間があったところで挑戦しました。

 手順としては難しいことはないんですけどね
 ①新エディタになじめない声も一定以上あったのでしょう。公式プラグインから「Clasic Editor」を導入・有効化してWP5になっても旧エディターが使えるようにし
 ②All-in-one WP Migrationプラグインで現環境のバックアップをとり
 ③ダッシュボードの更新案内からWP5.1にバージョンアップ
 
 だけでした。
 時間としては15分程度、今のところ不具合はなさそうです。
 よかった。。
 
 両親のみ閲覧可能なクローズドで利用している、子育てblogも同様にバージョンアップ。
 こちらも特に問題なさそうです。

 油断は禁物ではありますが、メジャーバージョンアップも簡単になりましたね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください