Suicaで電車に乗って2%還元に。

 各社身を削るキャンペーンを次々繰り出している中で比較的静かだったSuicaから大ニュース。
 乗車券や定期券購入での支払に2%(モバイルSuicaの場合)付くようになるそうです(10/1から)

 普段定期通勤しているのでこの施策自体はありがたいし利用させてもらいますが、どうして突然乗車賃に還元なんでしょうね。経済に詳しくないのでその辺の力学がよくわからないです。

 キャッシュレス各社身を削ってキャンペーンしているのは、お互いが同じパイを取り合う中でインストールベースを増やし、顧客を囲い込み、キャッシュレス決済の勝者総取りを目指しているのだろうというのは理解できます。

 でもSuicaで乗車賃に還元つけると言っても、そもそもそこは交通系電子マネー以外は入ってこない寡占分野で、Suicaと競合するのもSuicaクローンばかりなのに。予算かけるところがそれでいいのかなと人ごとながら心配です。
 切符やプラスチックカードからモバイルSuicaへの移行進めて、管理コストを下げようとかそういう意図なんですかね。あるいは楽天Pay版Suicaが始まる前にもう少しインストールベースを増やして楽天にいい顔見せようとか?

 ま、答えを知れる立場にはないし、すでにモバイルSuica使っている自分にとっては全く損はない話なので歓迎するだけです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください