mineoパケット放題Plusについて:本当に1.5Mbpsでるなら楽天モバイル無料終了後の有力候補

 mineoが月額500円、500kbpsでデータ通信無制限だったパケット放題オプションを置き換える、「パケット放題Plus」を発表しました。


・6/1~開始。
・月額費用が500円→385円に値下げしつつ
・速度は500kbpsから1.5Mbpsへ増速。

 3日で10Gb使用すると一時的に速度制限がかかるみたいですが、制限かかった日が終わると制限解除、10Gbカウントもリセットされるみたいなので、固定回線代わりにするとかBGM代わりに動画サイトずっと流すとかの無茶しなければあまり実害はなさそうですね。 

 現在は楽天モバイルの一年無料期間でデータ通信していますが、1年経過後に2980円/月を払って維持するかというと・・エリアや品質(職場がまだ楽天モバイルエリア外、中途半端に入る地域だと逆に不安定、プラチナバンドがないためかイオンモールなどの大きな建物内では圏外になることがある)ことを考えるとNTTのahamoやauのPovoのような同等プランと比べて選びたいとは思えず。

 一方でデータ通信を1G/月までに抑えれば音声通話が使えて維持費0円というのは魅力的なので、データ通信量制限をかけて楽天モバイルの音声通話0円/月+データ回線用の安い契約という形での利用を検討しています。
 その際のデータ通信検討のベースラインになるのはauのpovo(2480円/月)ですが、楽天以外のMNOは節約モードへの切り替えができないんですよね。
 普段そんなに高速容量を必要としない、それこそ楽天モバイルの1Mbpsがコンスタントに出ていればほぼ節約モードで過ごせていたので、どうでもいい通信でも高速容量を使うのはちょっといただけない。
 一方で、低速1Mbpsでいいとはいいつつも、月のデータ利用量は30-40G使うので、MVNOの月20Gプランだと足りないんですよね。複数台のスマホと、モバイルPCのデータをまかなっているので。
 そしてMVNOの節約モード200-300kbpsでは、データ量が大きくなりがちなPCでの利用には遅すぎるし、最近はコロナ禍ではZoom研修も少なくないので・・低速1Mbpsで無制限という楽天モバイルのはある意味絶妙なラインでした。

 このような条件で現状もっとも有力だったのがUQモバイルで、高速15Gで2480円、アプリで速度切り替えが可能で節約モードで1Mbps、そして回線はau回線。
 
 比較して今回のmineoパケットオプションは高速1Gで1485円(※1)
 低速モードは1.5Mbps、回線はau/NTT/sbのいずれか。

 実効速度がどれぐらい出るか次第ですが、実用に足る速度が出てくれればUQモバイルに比べても半額近い(※2)ので、検討に値するかと。
 妻が現在mineo+楽天モバイルで、6月一杯で楽天モバイルの一年無料が切れるので、7月にこのオプション試してみようと思います。

※1 10G以上のプランだとパケット放題plusオプション無料なので、10Gで1780円+オプション0円=1780円/月と、1Gで1180円+オプション385円=1485円との差は微妙なところ。
※2 自分の利用スタイルの場合、ほとんど高速容量を使わないので高速容量の大小は比較上余り意味が無い。
 mineoはどうしても高速容量が足りなくなれば安く補充する方法もありますしね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください