たわらノーロード先進国、8資産が信託報酬最安タイに。楽天idecoユーザーとしては朗報

 最近節約系のエントリばかりで投資信託系の記事が少ないので、せめて自分の保有している銘柄のニュースぐらいは記事にしないと・・。

 というわけで。
 たわらノーロードシリーズを運営するアセットマネジメントONEから9/13付けのニュースリリースで発表です。

 たわらノーロード・先進国株式と同バランス(8資産均等型)が10/1から信託報酬値下げで
先進国株式
0.20%(消費税10%込0.22%)→0.0999%(同0.10989%)
バランス(8資産均等型)
0.22%(同0.242%)→0.14%(同0.154%)
となります。
 これはeMAXIS Slimの同タイプにそれぞれぴったり合わせてきていますね。

 同等ならばすでにeMAXIS Slimシリーズで保有している方は乗り換える必要はないですし、今後もeMAXIS Slimシリーズの方がより攻めの姿勢で値下げしてくるでしょうから、なおさら乗り換える必要はなし。
 ただ、自分の場合ある事情から、たわらノーロード・先進国株式を保有せざるを得なかったのでこれは嬉しいニュース。

 というのも、自分の主力ポートフオリオはeMAXIS Slim・全世界株式(3地域均等型)ですが、アセットアロケーションは先進国株:日本株:新興国株=4:3:3
 全世界株式では各33%になるので、楽天のiDecoで先進国株式を買って先進国のウェイトを上げています。

 ところが・・楽天のiDecoにはeMAXIS Slimシリーズの取り扱いがないので。
 ここがたわらノーロード・先進国株式が充てられているのでした。

 iDeco始めた当初はたわらノーロードも十分に安かったのですが、その後のコスト下げ競争の中でeMAXIS Slimがどんどん値下げしていく中で、たわらノーロードがおいて行かれていたのが気にはなっていたんですよね。
 とはいえ楽天のidecoではeMAXIS Slimに乗り換えることは出来ないし、他の証券会社に乗換コストをかけるほどまでは信託報酬の差が開いたわけでもないし・・と悶々としていたわけです。

 少し前に予兆はありました。たわらノーロードシリーズの全世界株式の設定です。


 これがeMAXIS Slim全世界株式と同等で出てきたことで、まだコスト競争を諦めたわけではない、という雰囲気はあり、その結論が今回の値下げ、という訳だったのですね。

 まぁ今は最安タイだからeMAXIS Slimも静観でしょうが、今後更に値下げされる可能性はあり。
 またeMAXIS Slimは一定額以上の純資産総額に到達するとさらなる値下げはあるわけですが・・・とりあえずここまで安くなると乗換コストの方が相対的により重くなるので、今後もたわらノーロードを積み続けることになると思います。
 たわらノーロードも負けずに値下げがんばって欲しいですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください