楽天証券が楽天カードで投資信託開始

のニュースが流れましたね。

実際の開始は10/27から。
楽天カード系で月50,000円までの範囲でクレカポイント還元あり、特定口座のみならずNISAや積立NISAも対象。
さすがにidecoは対象外のようです。

楽天市場をメインで使い、楽天証券・楽天銀行・楽天カードも活用している我が家でも検討の余地あり、というかほぼ導入確定です。
NISAも対象ではありますが、現在我が家のNISA口座はSBI証券で開設されているため、月割10万円分の枠を楽天カードだけでは埋められないことと、今積んでいる投信のロールオーバーを考えるとNISA口座変更まではせず、特定口座で月5万x夫婦の10万円分を利用していこうと思います。

SBI証券と比べたときに、これまでマイレージが若干SBI優位(eMAXIS SlimでSBI証券0.05%、楽天証券0.048%)だったのでSBI証券で積んできましたが、10万円の1%の楽天通常ポイントが戻ると考えるとカード積立枠内では利用しない理由はなさそうです。
通常ポイントなら楽天証券で再度投信買い付けに回せるので、実質1%分多く購入できるということになります。

確認しておきたいところ

・家族カードでも積立可能か
(18/10/17追記)
 8月頃に自分で楽天証券に問い合わせたときは「未定です」の解答でしたが・・・
 →不可のようです


 普段楽天関係の買い物は妻の楽天ゴールドカード、夫(管理人)が家族カードでまとめていますが、一応管理人もノーマルの楽天カードは持っているので、積立はこちらで行います。

・楽天市場との連動キャンペーンで、月4万円以上購入で楽天カードの還元2%になるキャンペーンは投信買付け分にも適用されるのか
→(18.8月時点)楽天カードにお問い合わせくださいとのことでした。
(18/10/30追記)
楽天カードによる積立投信は、還元率アップの対象になるそうです。
朗報ですがこのキャンペーンによる還元率アップは月10万円まで(+1%で1000P分)なので、カード積立最大の5万円を設定した方は残り利用可能額には注意したいところですね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください