KyashはLINEpayカード亡き後のSuicaチャージカードになるのか

(19.02.02追記)
KyashもSuicaチャージの2%還元廃止になりました。

(条件付きで引き続き利用する意味がある可能性があると考えています。下記本文参照)



LINEpayの2%還元が終了し、GooglePayがSuica対応したところでこの発表。
なんていいタイミングというか、そういう需要を見込んで狙ってのキャンペーンなのか。


名前だけは聞いたことがあったんですがKyashはもともとプリペイドのVISAバーチャルカードですね。
Vプリカなどと同じようなものと思えばいいのかな。
kyash自体は還元なかったですが、紐づけするクレジットカードのポイントが付くようです。

そして今回、リアルカードの提供とリアルカード払いでポイント還元2%の発表。

モバイルSuicaには6000円/回以上の制限がありますが、2%還元はやむなく設定したVIEWカードの1.5%還元より上。
加えてカード側からはSuicaチャージではなくKyash支払いと認識されるため、Suicaチャージでポイントが付かないクレジットカードでも、Kyash経由ならポイントが付くはず。
Kyash自体にチャージするクレカの還元を合わせると一気に最強カードに?

ただし、利用制限が結構厳しい(3万円/1日、12万円/1か月)ようなので、これ1枚あればいいというわけにはいかないようですね。
メインカードはリクルートプラスカードがありますので、Suicaチャージを主として使うと思います。

とりあえずリアルカード申し込んでみましたが申し込み殺到しているようで1ヶ月かかりそうとのこと。
下記の疑念もあるので情報収集しつつ到着したら自分でも確認してみたいと思います。

懸案・疑問

・Google pay経由のモバイルSuicaチャージは可能か、その場合ポイント付与条件は同じか
モバイルSuicaアプリに登録できたとして、年会費1030円がかかりますから、年会費のかからないGoogle payからチャージできた方がお得。
LINEPayの時は定期券も買うと年会費払ってもVIEWカードより良かったですが、今回は1日3万円制限のせいで定期は買えないので。
→チャージ可能、年会費なし、ポイント付く(ただし6000円/回以上のチャージが対象)ようです。
・チャージできて、ポイントも付くカードは? 
Kyash自体の登録にはJCBが×で、VISA/Masterが〇。
リクルートプラスは残念ながらJCBなのでリクルートカード(MASTER 1.2%)を紐づけました。
これでリアルカードの範囲では3.2%還元ということになりますが、早々に対策はされそうですね。
・リアルカード2%還元キャンペーンはいつまで?
今のところ締め切り明記なし。まぁいつまでもとはいかないでしょうから改悪されるまで利用させてもらいましょう。

(18.6.8追記)
3万円/日、12万円/月の他に100万円/有効期限(5年)の制限もあるんですね。実質20万円/年ですか。


自分のSuica利用額としてはちょうどいいぐらいの額なので、やっぱりSuicaチャージ専用カードとなりそうです。
(18.6.10追記)
100万円/5年の上限行ってもカード再発行すればいいらしい?
再発行のハードルがどれぐらいなのかわからないですが。
月12万制限も勘案すると早ければ来年3月頃には人柱が出てきますね。

よくまとまったサイトを見つけましたので大体疑問は解決しました。


月12万制限には気を付けつつ、Suicaチャージ以外でも使って3.2%還元を享受し、100万上限でカード更新がうまくいかなかったら処分。かな。
それまでになんらか改悪が入る可能性も十分ありそうですが。

(18.07.31追記)
月末のホントギリギリでしたが6月利用分のキャッシュバック無事に満額付きました。
とはいえ運営状況の不安は方々で耳にするので、Suicaチャージ中心に、無理ない(突然サービス終了になっても諦めがつく)範囲で利用していこうと思います。

(18.09.24追記)
一度の上限金額が(リアルカード所有者限定で)5万円まで引き上げられましたね。


まぁ、Suicaチャージ用カードとして使っている分には、Suicaが2万円までしかチャージできませんから、我が家には特に影響はないんですが。
あって損な改訂ではないですね。
7月、8月とちゃんとキャッシュバック付いたし、もう少し利用検討してみましょうか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください