KyashのSuicaチャージ還元終了。終わりの始まりか。

唐突に届いたメール


 2/1にKyashから「キャッシュバック対象取引変更のご案内」なるメールが届いていて。
 開いてぱっと見、Suicaチャージ時の6000円以上の制限が緩和された?とぬか喜びしたのですが、よくよく見るとKyash経由のSuicaチャージ自体を2%還元対象外にするというお知らせでした。。。
 (6000円以上~の下りはそもそも書く必要がなくなったから消えただけ)

 2/1日にメールで一方的に告知して、2/3日から施行というあたり、悪い意味で期待通りの対応です。遡って対象外にしなかっただけまだマシか。というレベルの企業イメージなので。

 自分のKyash利用の大部分はSuicaチャージ用カードだったので、だいぶ利用は減りますね。
 
 ・・・と思ったのですが。

 代りのSuicaチャージ紐付けカードですが、ビックカメラSuica(VIEWカード・1.5%還元)とするかGooglePay経由リクルートカード(1.2%還元)とするか考えましたが、GooglePay経由リクルートカードだと電子マネーチャージ月3万円までの制限がある(3万円以上はポイント還元されない)ので、Kyashの還元がなくなるとしてもKyashを挟むことで3万円制限を越えられることのメリットがあります。


 自分の場合VIEWカードだとポイントは最終的にSuicaチャージ(1.5%還元のまま)ですが、リクルートカードだとPontaに等価交換してローソンお試しクーポンで使用(2~3円/1P)なので、リクルートカードの還元率の方が高く見積もれます。

 同様に直接Suicaチャージではポイントが付かず、Kyashを経由していることでSuicaチャージにクレジットカードの還元をつけていた人にはKyash経由を継続することに意味がありそうです。

 意外な結論でした。

 とはいえ、目玉だったSuicaチャージ還元が終了したというのはkyashの2%還元の終わりの始まりである可能性は十分あると思うので、今後もKyashの動向に注意して損しないように使っていく必要はあると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください